大津まち歩きMAP大津祭に見る町衆文化

町衆の文化水準の高さと豊さを400年以上も伝え続ける祭

イントロイメージ

大津の町衆文化を400年以上も伝え続けている大津祭は、江戸時代はじめ、鍛冶屋町(かじやちょう)の塩売り治兵衛が天孫神社の祭礼の時に、狸の面をかぶって踊ったことから始まったそうです。治兵衛さんが高齢になったため、屋台の上に乗せた狸のからくり人形に代わりをさせ、その後徐々に曳山の形態に変わってきました。この流れから分かるように、屋根に狸をかかげている西行桜狸山(さいぎょうざくらたぬきやま)が最初に創建された曳山(1635年)で、月宮殿山(げっきゅうでんざん)が最後に出揃う(1776年)まで、大津の各町が競い合うように曳山を創建し、140年かけて発展していきました。一時は14基ありましたが、現在は13基となっています。


大津祭の大きな特徴として、曳山それぞれに取り入れられているカラクリがあります。このカラクリの題材は、中国の故事や能・狂言などからとったもので、大津の町衆の高い文化水準を伝えるものとなっています。カラクリの他にも、曳山の著名な画家による天井画や16世紀ベルギー製毛綴織に代表される豪華な織物幕、意匠をこらした彫刻・金具などから、当時の大津が経済的に豊かであったこともうかがい知ることができます。


大津市街に数多く残る町家は町衆文化を今に伝える建物で、現在も商売されている店や大津百町館で、その文化に触れることができます。
「大津いいトコ撮り」へ

大津祭に見る町衆文化MAP
ボックスヘッド
アミティ
①アミティ
風船の中に花束を入れた“バルーンフラワー”等を扱う生花店です。店は旧東海道沿の町家で、大津祭の曳山「月宮殿山」の保存会「月宮会」が所有し、祭り囃子のけいこ場としても使われます。大津市・町家改修事業の第一号店。
★定休日:無休
★営業時間:平日9:00〜18:30
        土日祝9:00〜16:00
★TEL:0120-64-8783
ボックスボトム
ボックスヘッド
光風堂菓舗
②光風堂菓舗
大津祭曳山展示館の近くで大津銘菓を製造販売しています。銘菓「曳山」は大津祭の曳山の車輪を模し、最上品の材料を使用した黄味あんの焼き菓子で、祭当日のみ販売する「大津祭セット」も大人気。
★定休日:日曜 他不定休
★営業時間:9:30〜19:00
★TEL:077-522-2343
ボックスボトム
ボックスヘッド
でんや
③でんや
築100年の町家を忠実に改築し、味わいと温もりがある雰囲気の中で、「おでん」をはじめとした自慢の料理をご堪能いただけます。通りに面した格子窓と犬矢来(いぬやらい)、使い込まれた柱、カウンターから眺める小さな坪庭の雰囲気がお酒をより一層引き立てます。
★定休日:月曜
★営業時間:17:00〜24:00
★TEL:077-523-4100
ボックスボトム

ボックスヘッド
大津百町館
④大津百町館
大津には趣のある古い町家が数多く残されています。唯一、見学できる「大津百町館」。およそ110年前の建物。母屋、通り庭、つるべ式井戸、おくどさん、大広間、坪庭、蔵など町家の特徴が残り、まちづくりの拠点と交流の場所です。
★休館日:不定休
★開館時間:10:00〜17:00
★TEL:077-527-3636
ボックスボトム
ボックスヘッド
大津祭曳山展示館
⑤大津祭曳山展示館
湖国三大祭のひとつ大津祭の原寸大の曳山模型1基が展示され、曳山巡行やからくり等のビデオ映像を閲覧することができます。また、各曳山の懸装品等の実物が、順次持ち回りで展示されています。大津祭キャラクター“ちま吉”のグッズ販売もあります。
★休館日:月曜(祝の場合翌日)盆、
       年末年始
★開館時間:10:00〜19:00
★TEL:077-521-1013
ボックスボトム
ボックスヘッド
大津魚忠
⑥大津魚忠
店の建物は国の登録有形文化財として指定されており、町衆文化を伝えるしつらえの中、四季を感じる日本料理を楽しむことができます。大津祭の際は2階に観覧席が設けられ、美味しい料理と共に、目の前を通り過ぎる曳山が楽しめます。
★休館日:水曜
★開館時間:11:30〜22:30
★TEL:077-522-4428
ボックスボトム

ボックスヘッド
森野すだれ店
⑦森野すだれ店
琵琶湖には古くから多種類の葭が生息し、町家を主の個性で彩る“すだれ”や建具の材料となってきました。旧東海道に面する町家を活かした店では、葭工芸創作品、オンリーワン竹スプーン等を製作販売しています。
★定休日:12/30〜1/5・8/15〜8/17
★営業時間:10:30〜17:00
★TEL:077-523-1306
ボックスボトム
ボックスヘッド
⑧天孫神社
奈良時代782年に創建され、近江の神徳の厚い4つの社のうちの一つとして“四宮神社”とも呼ばれました。大津祭は、五穀豊穣に感謝する天孫神社の秋の例祭で、13基の曳山は天孫神社から巡行をスタートします。また、毎月第3土曜(1月と8月除く)に開催される大津百町市の会場にもなっています。
ボックスボトム
ボックスヘッド
藤屋内匠
⑨藤屋内匠
1661年創業の伝統ある和菓子屋。美しい絵柄が特徴の「落雁」は、江戸時代のデザインそのままを受け継ぎ、木型の一部は大津市歴史博物館にも展示されています。大津祭の時季には「ちまき」など特徴的な和菓子を販売しています。
★定休日:日曜 祝日不定休
★営業時間:9:00〜18:00
★TEL:077-522-3173
ボックスボトム
お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
SSL グローバルサインのサイトシール 大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖都市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.