豆知識

みなさんは滋賀県大津市について、どんなことを知っていますか? 残念ながら、
全国的には場所すらよく分からないという方が多いのではないでしょう か?
大津市は日本一の琵琶湖の南に位置し京都・奈良・鎌倉などとならんで古都指定 を受けた街で、かつては都が置かれ、源氏物語を生み、東海道最大の宿場町でした。
一見地味でも、実は自然と歴史と文化とまちが交じり合った奥行きのある”大津市”。まだまだ知られていないその魅力を、スタッフが発掘してご紹介していきま す。
(メルマガ”e湖都通信”に連載中の”大津豆知識”を再編集し掲載しています。)
大津豆知識、目次へ >>

大津市

『大津の癒され「ゆるキャラ」』

 

 地域おこしや名産品紹介など地域全般のPRをする マスコットキャラクターのことを「ゆるキャラ」と呼び、 近年、「ゆるキャラグランプリ」など全国的なイベントが開催されるなどして人気を集めています。 そんな「ゆるキャラ」が大津にも存在していることをご存知でしょうか? 大津で誕生した彼らは、じわじわと地元から人気を集めてはいますが、 まだまだ知らない人も多い…今日は、そんな彼らをご紹介します。

 

  ●大津市観光キャラクター「大津光ルくん」

  大津生まれの光ルくんは21世紀版光源氏。 一見ホンワカしているけど、実は、歌が詠めてスポーツだって得意な、 なんでもこなせる元気な子ども。

【プロフィール】
名前: おおつ光ルくん(おおつひかるくん)
住所: 大津市石山寺一丁目1番1号 
年齢: 推定12歳(光源氏の元服の歳)
性別: 男の子
仕事: びわ湖大津の観光PR
特技: ローラースケート・和歌を詠む
趣味: 草花鑑賞・かるた
好きな食べ物: しじみ飯
悩み: スポーツが得意なものの、衣食住が足りすぎて運動不足

 

  ●大津祭の人気者!「ちま吉」

  大津三大祭の1つで、400年以上の伝統がある『大津祭』を運営する 大津祭曳山連盟の公式キャラクターとしてちま吉が誕生。 大津祭の曳山(ひきやま)からまかれる“ちまき”を頭からかぶった愛くるしい姿をしています。 大津の家々で飾られている“ちまき”に精気が宿り、それが集まって生まれた“ちまき”の精霊だそう。 幼馴染みの「おチマちゃん」や、ライバルの「ちま作」くんなど、 可愛い仲間もいて、まさに「お祭り」にぴったりなキャラクターです。

【プロフィール】
名前 : ちま吉
誕生日: 2007年10月10日
性格 : 好奇心旺盛・優しくて正義感が強い・おっちょこちょい
趣味 : お祭が大好き

 

 ●おごと温泉のマスコットキャラ「おごとん」

  温泉マークをイメージしてデザインされたキャラクター。 まぁるい身体に温泉マークの湯気と頭上のタオルがチャームポイント。 公募で名前を決定したそうです。

【プロフィール】
名前: おごとん
出典: おごと温泉
誕生年: 1997年
性別: 男の子
性格: 好奇心旺盛
趣味: 温泉に入ること
夢: 素敵な家庭を築くこと。彼女募集中!

 

 

 愛嬌溢れる3人の男の子たち。同じ滋賀県出身のキャラクターで 今は全国に名を広めた彦根のマスコット“ひこにゃん”に引き続いて、 いつか有名になる日が来るかもしれませんね♪ 


 >>【大津光ルくん参考】

 

 >>【ちま吉参考】

 

 >>【おごとん参考】

 


  大津豆知識、目次へ >>

『大津の癒され「ゆるキャラ」』

ヘッドイメージ大津豆知識