豆知識

みなさんは滋賀県大津市について、どんなことを知っていますか? 残念ながら、
全国的には場所すらよく分からないという方が多いのではないでしょう か?
大津市は日本一の琵琶湖の南に位置し京都・奈良・鎌倉などとならんで古都指定 を受けた街で、かつては都が置かれ、源氏物語を生み、東海道最大の宿場町でした。
一見地味でも、実は自然と歴史と文化とまちが交じり合った奥行きのある”大津市”。まだまだ知られていないその魅力を、スタッフが発掘してご紹介していきま す。
(メルマガ”e湖都通信”に連載中の”大津豆知識”を再編集し掲載しています。)
大津豆知識、目次へ >>

大津市

『 芭蕉が愛した街、大津 』

俳聖とよばれ、日本のみならず世界的な俳人として有名な松尾芭蕉。

松尾芭蕉は、1644年三重県上野市で生まれ、生涯を旅に過ごし、 『奥の細道』『更科紀行』など、俳文学の名作を産んだ、江戸時代前期の俳人です。

芭蕉が初めて大津を訪れたのは1685年の春、『野ざらし紀行』の旅の途中でした。『山路来て何やらゆかし菫草』『唐崎の松は花より朧にて』の二句を詠んだのもこの時でした。

大津の美しい景観が気に入った芭蕉は木曽塚の草庵(現・義仲寺)に仮住まいし、その後「奥の細道」の旅に出ました、旅を終え、旅の疲れを癒すため、芭蕉は再度大津を訪れ、大津市国分にある幻住庵で4ヶ月程過ごしました。

幻住庵からの眺望と山中での生活が気に入り、ここでの体験をもとに書いたのが有名な「幻住庵記」で、「奥の細道」と並ぶ傑作と言われています。

以後も大津を第二の故郷のように愛した芭蕉は、「唐崎の松は花より朧にて」「行く春や近江の人とおしみける」「大津絵の筆のはじめは何佛」「石山の石にたばしるあられかな」「古池や蛙飛び込む水の音」など、大津で多くの句を詠み、その数は芭蕉の全発句の約一割にあたる89句にものぼります。

1694年大阪で芭蕉が亡くなった時、生前の遺言により、義中寺にある義仲の墓に並んで、芭蕉の墓が立てられました。

芭蕉は本当に大津をこよなく愛していたのでしょうね。

大津市内には、堅田の本福寺・浮御堂、坂本の西教寺・滋賀院、唐崎神社、近江神宮、三井寺、石山寺など、芭蕉ゆかりの場所が沢山あり、それぞれに句碑があります。

芭蕉の想いをたどって、市内を散策されてみてはいかがでしょうか?

 ★大津ものしりクイズ「義仲寺」

 ★いいことぶらり「幻住庵」

大津豆知識、目次へ >>

松尾芭蕉が愛した町大津

ヘッドイメージ大津豆知識