豆知識

みなさんは滋賀県大津市について、どんなことを知っていますか? 残念ながら、
全国的には場所すらよく分からないという方が多いのではないでしょう か?
大津市は日本一の琵琶湖の南に位置し京都・奈良・鎌倉などとならんで古都指定 を受けた街で、かつては都が置かれ、源氏物語を生み、東海道最大の宿場町でした。
一見地味でも、実は自然と歴史と文化とまちが交じり合った奥行きのある”大津市”。まだまだ知られていないその魅力を、スタッフが発掘してご紹介していきま す。
(メルマガ”e湖都通信”に連載中の”大津豆知識”を再編集し掲載しています。)
大津豆知識、目次へ >>

大津市

『 琵琶湖一周 サイクリングの旅に挑戦☆ 』

日本一大きな湖を自分の足で一度は周ってませんか?車で周るのとは違った視点で、のんびりと自分のペースで琵琶湖をめぐってみると新しい発見があって楽しいと思います。

琵琶湖の一周(湖岸線)は約235キロ!走行コースによって違いはありますが、唐橋を南端として一周するコースが一般的で走行距離は約200キロになるそうです♪

自転車一周に要する時間は人によって差はありますが、早くて20時間前後から初心者の方でも3日あれば十分に回れます。 (2時間弱の休憩でひたすら走り続けて…※スタッフ友人談より)

一番多いのは1泊2日で周るという計画らしいです。寝袋を担いで道の駅や公園で気軽に休む人、テント担いで本格的なキャンプをする人、宿を予約しておく人など様々です。

自転車はやっぱり乗りなれたものが一番!!大げさな装備の自転車でなくても可能ですので、走りなれたもので挑みましょう。

ママチャリで完走する人も多いのでご安心を。ただし出発前の点検だけは念入りにしておきましょうね。

では、ここでは走行コースを大雑把に3分割して「湖西・北部・湖東」としてご紹介いたしましょう♪ 一周計画の参考にして下さいね。

【湖西】は路側帯の無いところがあり交通が危険なところがあるので十分に気を付けて走行してください。出来るだけ夜は避けた方が無難かもしれませんね。

【北部】は幾つかコースが分かれるのですが、国道8号線を走るコースはトンネルもあり非常に危険です!このコースだけは間違えて走らないように注意してください。湖岸沿いの風車街道が安全でおすすめです。

【湖東】は歩道の整備がとてもきれいにされており、とても安全で快適に走行できます。景色を見ながらゆ〜らゆらと楽しめる道が果てしなく続くのできっと会話も弾むでしょう♪

国道や県道などは交通量も多いので特に夜間などは気を付けて走行して下さいね!

また、あちこちで「びわ湖サイクルライン」という看板がたっているので、こちらを目印にするのもいいかもしれません。

☆★☆自転車一周の心構え☆★☆

◆常に水分補給を忘れない。喉が渇いたと思ってからでは遅いです。

◆体調が良くないな・・と感じたらリタイヤする勇気も必要です。

◆無理なスピードで頑張らず、ペースは一定にマイペースで行くこと。

梅雨が明けいよいよ琵琶湖周辺にも本格的なアウトドア・スポーツを楽しめるシーズンをむかえます!

サイクリングでは車などでは行けないスポットへも行く事ができるので、じっくりと計画を立て、あなただけのスペシャルルートを作成してみるのもいいかも知れませんよ♪

親子・友人・カップルでぜひ挑戦してみてください!

大津豆知識、目次へ >>