湖都・大津には、普段、何気なく通り過ぎている街角や街はずれに、名所や名店がひっそりとたたずんでいるということがあります。
大津のまちをぶらり、隠れた物語を訪ね歩いてみませんか。

いい湖都ぶらり バックナンバー

▲中町商店街アーケードへと続く中町通り(大津中央2丁目)。


▲問屋街の面影を残す乾物屋さんや植木屋さんが並ぶ中町通り。


▲ 浜通りに下がったところに中央公民館があり、
  その隣りに蒲鉾工場が現在もその佇まいを残している。




▲ルイヴィトン、エルメス、グッチなどのカバンが
  ディスプレイされた入り口のウィンドウ。
   高島屋質店の表側は京交通量の多い電車道。
     お客さまに配慮した入り口が通路側にある。▲


▲様々なブランドのカバンや財布がお得な価格で購入できる。


▲6000円代から販売しているティファニーのアクセサリー。


▲昨年の3月にオープンした堅田にある
  「リサイクルブランド館ONLY ONE」。
  若い女性も入りやすい雰囲気のお店。
  1階はブランド品の衣料やバッグ、貴金属。
  2階はノーブランドの衣料品と雑貨を扱っている。


▲3代目の澤井龍夫さん。平成11年にお店を移動した時で
  創業50年。現在は龍夫さんと先代のお父さんと一緒に
  お店を切り盛りされている。
  お父さんが骨董を、衣料はお母さん、宝石関係は従姉妹、
  ブランド商品は龍夫さんがそれぞれ専門の目利きを担当。
  奥さんは堅田店を担当。

暑が続く9月ですが、暦の上では秋です。町歩きには最も適した季節になってきましたね。さて、おさらいです。これまでにも少し触れていました「大津百町」について。旧大津町とは、具体的に言うと、北東部の尾花川から南東部の京阪電車石場までの湖岸から逢坂山の蝉丸神社付近から大谷・追分けを含んだ地域からなっていて、江戸時代、この大津町には小さな町が百カ所もあったことから、この名が付けられたそうです。今はもう、この百町の呼び名は無くなっていますが、通り名にまだ、その名残りがあります。大津町には東西に走る三筋の通り。琵琶湖側にある浜通り、中町商店街がある中町通り。そして、東海道である京町通りです。浜通りは蔵屋敷が建ち並び、中町通りは魚や青物を扱う商店、山手側の京町通りは問屋街で大きな店が並んでいたようです。そんな昔の風景を思い浮かべながら歩いてみませんか。




こで、今回は、江戸時代から大津の町の人々の台所を賄っていたという柳町(旧町名)辺りをぶらりしてみます。柳町は三筋の通りの一つ、中町通りの中ほどにあり、魚問屋を中心に、青果、乾物問屋が軒を並べ、和菓子、湯葉、昆布、蒲鉾といった店が集まった、非常に商いの活発な町だったと言えます。この付近は船による物資の集散地であり、昔は大橋掘が現在の中央公民館をさかのぼり、柳町にまで堀割が伸びていたそうです。 今はもう問屋街としての活気はありませんが、今でも、この通りには問屋の面影を残したお店が点在しています。




の中町通りのアーケードをくぐり、京阪の電車道の方向へ。そのまま電車道を浜大津港へ向いて下りていきます。三筋の通りの浜通りに出るまでのところに「高島屋質店」があります。店構えは従来の質屋さんのイメージとは随分違い、すっきりとしたウィンドウにブランド品のカバンや貴金属がディスプレイされ、ブティックのように、とても明るい雰囲気です。お店はもう少し上の京阪上栄町駅付近にあったそうですが、老朽化のため平成11年に現在の場所に移転されたそうです。「今は昔と違って、質に出すというより、商品に飽きて売るに来られるお客さんが増えて来ていますね。だいたいお客さんの5分の2はそうしたお客さんです。お店の構えは、大通りに面して車も止められるようにし、ブティックのように入りやすくしています。今でいうリサイクルショップみたいな感覚ですね。その反面、モノを大事にする気持ちが失われているのも現実で、モノを扱っている者としては寂しい気もします」と話されるのは3代目の澤井龍夫さんです。質屋さんは大津では20軒ほどありましたが、現在ではたったの2軒。それほど、世の中のモノの流通を見極める力がないと難しい商売と言えます。「高島屋質店」はそうしたお客さんの動きをいち早くキャッチし、ホームページでも積極的に展開しています。質屋として商品を預けに来られるお客さんには特に緊張して接しているという龍夫さん。モノに対して価値をつけることが真剣勝負であることが、この仕事に携わるプライドであることを、お話しを伺っているとしみじみ伝わってきます。




い街並みが佇む 「大津百町」。質屋さんの目利きのように、その古さに価値を見いだす大津市民でありたいものですね。




高島屋質店
滋賀県大津市中央1-6-8
TEL:077-522-4763
FAX:077-526-4178
営業時間:10時〜19時30分
《定休日》毎月7,17,22,27日
リサイクルブランド館ONLY ONE(オンリーワン)
滋賀県大津市今堅田2-14-5
TEL&FAX:077-574-5550
営業時間:10時〜19時
《定休日》年中無休
メールアドレス: info@takashimaya-onlyone.com
ホームページ: http://www.e510.jp/onlyone/
http://www.takashimaya-onlyone.com/



いい湖都ぶらり バックナンバー


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
SSL グローバルサインのサイトシール 大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖都市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.