湖都・大津には、普段、何気なく通り過ぎている街角や街はずれに、名所や名店がひっそりとたたずんでいるということがあります。
大津のまちをぶらり、隠れた物語を訪ね歩いてみませんか。

いい湖都ぶらり バックナンバー

▲国道1号線脇に立つ逢坂の関跡石碑。
 人々の行き交う要所だった当時を偲ばせています。





▲盲目の琵琶法師 蝉丸にちなんだ蝉丸神社。
 芸能と音楽の神様として奉られています。





▲草も木も新緑に包まれた、小関越えに向かうあたり。





▲藤三郎紐のお店の庭では、蘇芳の花が満開。
 蘇芳には毒消しの薬効があり、忍者の衣を染める
 染料として使われたそうです。





▲代表的な手組み組台のひとつ、「丸台」。
 ほとんどの組紐をつくることができます。





▲左は栗のいが、右はラックダイという、
 サルノコシカケに似たきのこで染められた絹糸。





▲草木染組紐ストラップを作る組紐体験、
 ハンカチを染める草木染体験はどちらも2000円
(材料費込み、約1時間半)。予約制で行われています。





▲140年近くも続く老舗「藤三郎紐」の
 4代目太田藤三郎さん。
 複雑な模様も組むことのできる
 「高台」を使っているところです。




い歴史を誇る、大津のまち。その歴史は、街道とともに作られたといってもいいでしょう。そんな歴史の面影を残しているのが、山と山の間に広がる大谷地区です。京阪電鉄大谷駅から、国道1号を大津方向へ少し行ったところにあるのが、百人一首にある蝉丸の歌「これやこの ゆくもかえるもわかれては 知るも知らぬも逢坂の関」で有名な逢坂の関跡です。現在、国道1号が走る逢坂越えは、古来から交通の要衝で、平安時代には、不破の関、鈴鹿の関と並ぶ関所の一つとなっていました。激しく車の行き交う国道のそばにある石碑が、山深い往時の雰囲気を今に伝えています。




谷駅の山側にあるのが、蝉丸神社です。蝉丸は平安時代の歌人で、琵琶法師として知られていました。実は醍醐天皇の皇子だったのですが、盲目だったため、都から離れたこの地に隠れ住んだと言われ、のちに音楽や芸道の神様として信仰されるようになりました。蝉丸神社は国道沿いに大津側から下の社、中の社、上の社の3つが距離をおいて並んでおり、逢坂の関をはさんで京都側にあるのが上の社、大津側にある関蝉丸神社が中の社、そして国道1号から161号に分かれた先の線路沿いにあるのが、下の社でこれが本社となります。




谷駅から二つ先の四宮駅から大津の方向に5分ほど歩いたところに、「小関越」の道標があります。小関越とは、関蝉丸神社のある北国町通りから小関峠を越え、横木1丁目の旧東海道までを結ぶ約4kmの道。「小関越」の道標は、旧東海道筋から小関越へ入る所に建てられています。その昔、逢坂越えを「大関越」と呼ぶのに対して、この脇道を「小関越」と呼ぶようになったのだそうです。今はその道筋は静かな住宅街になっていますが、ぶらりとウォーキングするにはぴったりの場所。昔の旅人気分で、逢坂山周辺をのんびり歩いてみると、車で通り過ぎるだけでは見えなかった風景に出会えそうです。




坂の関跡をもう少し大津に進み、右の逢坂山側に登っていくと、新緑の木々や野の花に囲まれて「藤三郎紐」のお店があります。この「藤三郎紐」は慶応3年(1867年)から、140年近くも組紐を作り続けている老舗。現在お店を継いでいるのは4代目太田藤三郎さん。「組紐は固からず、柔らかからず、機械では出せない、手組みならではの味と風合いを持っています」とおっしゃいます。「草木染組紐づくりの楽しさは、職人として喜んでもらえるものが作れること。同じ材料で同じように作っても微妙に違う草木染の不思議さ。世界にひとつしかない作品ができていく手応え」とか。
 お店では伝統的工芸品として滋賀県から指定されている草木染の帯締めやアクセサリーなどを購入することができます。工房でもあるこのお店では、自分で組紐を組んで携帯ストラップを作る組紐体験、草木染でハンカチを染める草木染体験や、幻の組台と言われる「内記台」をはじめ、いろいろな組台を見学することもできます。組紐、草木染の体験はどちらも材料費込みで2000円から(約1時間半)。体験、見学ともに予約が必要です。市内の中学や県外の芸術系大学、海外からのお客さんも体験に参加されているそうです。
 日本古来の美意識や伝統の手仕事に触れられる組紐、草木染体験は、日本伝統工芸の豊かさを手にも眼にも心にも味わえます。 外は眩しい新緑、抜けるような初夏の青空。心地よい風に誘われて、旅人気分でぶらり旧街道を歩いてみませんか。いつもと違う自分が発見出来るかも・・・。




  
(有)藤三郎紐
大津市逢坂1丁目25-11
TEL:077-522-4065
FAX:077-522-4121
営業時間:8時30分〜17時
定休日:日曜日・祝日
メールアドレス:ota-ko@sannet.ne.jp
ホームページ:http://www.e510.jp/kumihimo/
http://www.page.sannet.ne.jp/ota-ko/






いい湖都ぶらり バックナンバー


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
SSL グローバルサインのサイトシール 大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖都市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.